未来わかやま〜挑戦者〜7月は特別番組編成のためお休みです。次回放送は8月12日(金)です。

2022.06.10

伏虎金属工業株式会社社長前田 寛二さん

#017

和歌山の未来に向けて挑戦するリーダー

伏虎金属工業株式会社社長前田 寛二さん

#017

<前田 寛二さん 経歴>
昭和17年和歌山市生まれ
昭和35年高校卒業後、父・楠伸氏が経営する前田商店に入社
昭和37年社内に機械加工部門を新設
昭和39年法人化により有限会社伏虎金属工業となる
昭和47年業務拡大に伴い、株式会社に組織変更
専務取締役に就任
昭和58年社長就任
平成19年度和歌山県企業ソムリエ委員会認定企業に認定


今月のゲストは和歌山市に本社を置くポンプメーカー伏虎金属工業株式会社社長 前田寛二さんです。
昭和37年に創業した伏虎金属工業は、数あるポンプメーカーの中でもニッチな分野に狙いを絞り、他社には真似のできない製品づくりを行ってきました。
番組では顧客とともに発展してきた伏虎金属工業の、これまでの歩みを振り返るとともに今後の展開についてお話を伺います。

何とかしないと

高校卒業後、父・楠伸さんが経営する前田商店を手伝い始めた前田さんは、知り合いからの助言を受け社内に機械加工部門を新設します。その後、円滑に液体を移送できるラジアルベーンポンプを完成させることに。新商品の開発に前田さんを邁進させたのは、ある顧客からの相談でした。

60歳代で新たな挑戦

図面は手書きが主流の時代、当時、誰も使用していなかった三次元処理が可能なコンピュータを用いた設計システム「オートCAD」を前田さんは独学でマスターします。このシステムを使い開発したのが2軸スクリューポンプ。その独創性が評価され伏虎金属工業は平成22年度の県発明考案等知事表彰を受賞します。新製品開発までの経緯とその中心として活躍した前田さんの人となりについて伺います。

今後の展望

伏虎金属工業は常に顧客の声に耳を傾け、新たなニーズを狙って製品づくりをしてきました。顧客に対する前田さんの感謝の思い、そして伏虎金属工業の目指す未来像についてお話を伺います。