2022.02.11

東洋建機株式会社社長松嶋 信寿さん

#013

和歌山の未来に向けて挑戦するリーダー

東洋建機株式会社社長松嶋 信寿さん

#013

<松嶋 信寿さん 経歴>
昭和 49年 和歌山市に生まれる
平成  8年 株式会社和嶋建設 入社
平成 15年 東洋建機株式会社 入社
平成 22年 東洋建機株式会社 代表取締役社長に就任

ゲストは和歌山市の建設機械レンタル会社、東洋建機株式会社社長、松嶋信寿さんです。東洋建機は建機レンタルをメインとする会社ですが、顧客に新しい価値を生み出す提案力を駆使し自動車のレンタカー事業、保険代理店事業等、様々な業種に事業を展開しています。顧客の期待に応え、顧客に選ばれる会社を目指し発展してきた東洋建機。番組では松嶋さんの考え方、社員との連携、そして次の50年を見据えた、今後の展望についてお話を伺います。

東洋建機に入社するまで

松嶋さんは昭和49年、和歌山市に生まれました。高校卒業後、建築の道を志し、専門学校に進学されました。その後、和歌山市内の建設会社に入社、共通の友人の結婚式で奥様と知り合い結婚されました。結婚を契機に、奥様の義父が経営する東洋建機株式会社に入社されました。松嶋さんの小さい頃の志、そして当初は家業を継ぐことに反対だった義父・信之さんの、その後に判った本当の願いなどについて、お話を伺います。

建設と建機レンタル

結婚を契機に建設業から建設機械のレンタル業への転身することになった松嶋さんは、一(いち)営業員として新しい業務に取組まれたそうです。建設機械のレンタル業は始まってから40~50年と、業界としては若く、当初は認知度を上げることに苦慮されました。プラスアルファとしての設備投資や、永遠の課題とされる「価格」など、入社から社長就任までに松嶋さんが取り組んだ改革についてお話を伺います。

地域のために

平成26年度に理事長に就任するなど、松嶋さんは和歌山青年会議所の会員として青少年育成事業に長年に渡り携わってきました。「街のこと」「子供たちのこと」「未来のこと」等、仕事を離れて様々な職種の会員と共に考えてきた青年会議所の活動が松嶋さんに与えた影響についてお話を伺います。

今後の展望

松嶋さんの二人のお子さんは、どちらも東洋建機の仕事に興味を持っていてチャレンジしたいと話しているそうです。グループ全体で約70人と社員が増加した東洋建機の今後の課題について、そして次の50年を見据えた今後の展望について、お話を伺います。