WTVニュースNews

信号機滅灯対策訓練

2021-10-13(水) 16:30

大規模災害などによる停電で交差点の信号表示が消えたことを想定した、警察官の交通整理と復旧の訓練が今日、岩出市で行われました。
今日、岩出市中迫の市民体育館前交差点で行われた訓練には、岩出警察署の地域課や交通課などの警察官約20人が参加しました。この訓練は、大規模な地震や台風などによる停電の影響で信号機の表示が消えた場合に、警察官が手信号などで行う交通整理の経験を積むとともに、発電機を使っての信号機の復旧方法を学ぶもので、岩出警察署が定期的に実施しています。訓練では、信号機の表示を消した状態にして、交差点の中央に警察官が立ち、手信号と笛を使って行き交う車を誘導しました。続いて、信号制御機のコードを持ち運び可能な発電機につないで、表示の消えている信号機を復旧させました。訓練に初めて参加したという地域課の本野恵里夏巡査長は、「和歌山は車を使う人が多いので、日頃からうまく誘導できるよう努めたい」と話していました。

公式SNSアカウント