WTVニュースNews

極早生ミカンの収穫

2021-09-23(木) 13:15

収穫時期の早い「極早生ミカン」の収穫が田辺市で始まっています。
極早生ミカンは、9月から10月にかけて収穫されるミカンで、JA紀南管内では例年より二日ほど早く、今月13日から「YN26」という品種の収穫が始まっています。田辺市上秋津にある志波元昭さんの畑では、志波さん夫婦が、黄色く色づいた実をハサミで手際よく摘み取っていました。JA紀南によりますと、今年の極早生ミカンの生産予想量は、平年並みの約2900トンで、今月16日から市場での販売が始まっていて、京阪神を中心に出荷されます。今年はお盆以降に長雨が続いたものの、6月からお盆前まで晴れの日が続いたため、例年よりも糖度が高いということです。志波さんは、「今年はこの3年間の中で一番糖度が高く仕上がった。このまま順調に乾燥が続けば糖度が乗り、ますますおいしいミカンになると思う」と話していました。

公式SNSアカウント