WTVニュースNews

紀の川市の医療機関でワクチン廃棄

2021-09-22(水) 13:15

紀の川市は、市内の医療機関で、適切な温度管理ができず60回分の新型コロナウイルスワクチンを廃棄したことを明らかにしました。
紀の川市によりますと、今月17日午後7時ごろ、市内のクリニックで新型コロナウイルスのワクチンを保管していた冷蔵庫の扉が完全に閉じていないことにスタッフが気付いたということです。ワクチンは低温で保管する必要がありますが、冷蔵庫内の温度がワクチン保管の規定温度を超えていたため、医療機関は60回分のワクチンを廃棄しました。市はこの医療機関に対し、代替ワクチンを分配したため、接種予定者への影響はありませんでした。
今後は協力する医療機関に対し、改めてワクチン管理に関する注意喚起を行い、再発防止に取り組むとしています。

公式SNSアカウント