WTVニュースNews

交通安全啓発物品を寄贈

2021-09-14(火) 19:49

交通安全の啓発に役立ててもらおうと、今日、JA共済連和歌山から県交通安全協会に啓発ポスターなどの「交通安全啓発物品」が贈られました。
和歌山市西の県警交通センターで今日、贈呈式が行われ、JA共済連和歌山運営委員会の次本圭吾副会長から県交通安全協会の溝端莊悟会長に目録が手渡され、溝端会長からは、次本副会長に感謝状が贈られました。
JA共済連和歌山は、「安心して暮らせる環境づくり」を目指す地域貢献活動の一環として、毎年、県交通安全協会に交通安全の啓発物品を贈っていて、今年度は啓発ポスターやチラシのほか、交通安全教室で用いられるDVDやマスクケース、雨の日の夜間の交通事故を防止するため全面に反射材を施した傘など、9種類合わせておよそ5万6000点を贈ります。
溝端会長は「1件でも悲惨な交通事故を減らすことができるように努めていきたい」とお礼の言葉を述べました。

公式SNSアカウント