ニュース

災害写真パネル展
  • 2021-02-22(月) 13:52
東日本大震災から間もなく10年を迎えるのを前に、災害の恐ろしさを再認識してもらおうという写真パネル展が、橋本市などで開かれています。
この災害写真パネル展は、災害の恐ろしさを再確認するとともに災害の記憶を風化させないようにと、橋本警察署が紀北地域の7つの会場で開いています。このうち、橋本市の橋本警察署では、平成23年3月の東日本大震災や平成30年7月の西日本豪雨などの被災状況のほか、警察官が行方不明者を捜索している様子などが収められた写真が展示されています。
また、橋本市保健福祉センターでは、平成23年9月に発生した紀伊半島豪雨で警察官が救助活動を行っている様子などを収めた写真パネルが並んでいて、訪れた人たちに災害の恐ろしさを伝えています。
この災害写真パネル展は、来月11日まで紀北地域の7会場で開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

今日の番組 週間番組表

ピックアップ

TOPへ戻る