ニュース

新型コロナ 過去最多に並ぶ21人
  • 2021-01-14(木) 19:25
県内で今日、一日としてこれまでの最多に並ぶ21人が、新たに新型コロナウイルスに感染していたことが判りました。また昨夜、先月から入院していた県外の80歳代の男性が死亡しました。
県によりますと新たに感染が判ったのは、和歌山市と海南、湯浅、橋本、田辺の各保健所管内の未就学児から90歳代までの男女21人です。このうち、和歌山市の20歳代から90歳代の男女5人は、和歌山市の住宅型有料老人ホーム「シルバーハイム新在家」の職員と利用者です。すでに施設の他の利用者の感染も判明していて、県は県内19例目のクラスターと認定し、施設名を公表しました。一日の感染者が21人となるのは今月7日に並んで最多で、今年に入って10人を下回ったのは2日だけです。県福祉保健部の※野尻孝子技監は、「和歌山市は直近1週間、人口10万人あたりの感染の急増を示す指標が15人を超えているが、今日で20人、爆発的感染の指標の25人に近づいている。大変危機感を持っています」と述べました。県内の累計の感染者は、昨日までに亡くなった9人を含めて819人となり、現在入院している人は120人(重症8人)となっています。
※「尻」は「九」が「丸」

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る