ニュース

新春凧あげ大会
  • 2021-01-09(土) 18:42
新春の大空に親子で手作りの凧をあげる「新春凧あげ大会」が今日、有田市で行われました。
有田市宮原町の「ふるさとの川総合公園」で行われた凧あげ大会には、市内在住の2歳から小学5年生の子供29人とその保護者らが参加しました。はじめに有田市教育委員会の前田悦雄教育長が、「凧あげには絶好の風が吹いています。雲に届くぐらい、しっかり凧をあげてください」と挨拶しました。続いて、子供たちは、思い思いの絵を描いた凧の見栄えの審査を受けた後、親子で凧あげに挑戦しました。今朝は冷たい風が強く吹く、凍えるような寒さとなりましたが、子供たちは風向きを確かめながら勢いよく走り出し、糸の長さを調整。うまく風をつかまえると「あがったー!」などと歓声を上げ、新春の大空に手作りの凧を空高くなびかせていました。審査の結果、凧の出来栄えを審査する「よくできてるで賞」は11人、凧のあがり方を審査する「よくあがったで賞」には10人が選ばれ、参加者に賞状などが贈られました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る