ニュース

釜滝薬師金剛寺で初薬師
  • 2021-01-08(金) 14:36
今年最初の薬師如来の縁日、「初薬師」の今日、「目の薬師さん」として信仰を集める紀美野町の古刹、釜滝薬師金剛寺では、祈願成就を願う護摩祈祷が行われました。
紀美野町釜滝の釜滝薬師金剛寺は、平安時代前期の天長12年、835年に慈覚大師により創建されたと伝えられ、古くから「目の薬師さん」として信仰を集めています。
新年最初の薬師如来の縁日「初薬師」の今日は、人が手を触れる柄杓や鰐口の緒を片付けるなど、新型コロナ感染症の予防対策を実施した上で、護摩祈祷や僧侶らが、大般若経の経典を一巻ずつ広げてめくりながら転読する大般若六百巻転読法要が営まれ、コロナ終息と眼の病気の治癒などを願いました。今日は雪の影響などもあり、例年に比べて参拝客も少数でしたが、伊南慈久住職は「願う心はどこにいても同じです。密を避けて分散してお参りしてほしい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る