ニュース

ステンドグラスの作品展
  • 2021-01-08(金) 14:35
和歌山市を拠点に活動するステンドグラス作家とその生徒の作品を集めた展覧会が今日から和歌山市で始まりました。
和歌山市の和歌山市民会館の展示室では、今日から、ステンドグラス展「ムーンライトの仲間達」が始まり、ステンドグラス作家の秋月千代さんと秋月さんの教室で学ぶ生徒15人が作ったランプシェードやパネル、行灯などステンドグラスの作品およそ200点が並んでいます。展覧会は、ステンドグラスの魅力を知ってもらおうと2年に1回、開かれていて、9回目となる今回はマスクに付けるアクセサリーなども展示されました。
このうち、30年以上ステンドグラスの作品作りを続けている秋月さんの「跳ね橋」は、ゴッホの絵画をモチーフに、デザインした大作です。秋月さんは、「コロナで大変な時ですが、ステンドグラスの光の温かさで皆さんの心を癒せれば」と話していました。
作品展は、今月10日までです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る