ニュース

横領の幼稚園教頭を免職処分
  • 2020-11-20(金) 17:36
育友会の会費や教材費など9万円あまりを横領したとして、和歌山市は今日、市立幼稚園の女性教頭を懲戒免職処分にしました。
懲戒免職処分を受けたのは、和歌山市立和佐幼稚園の54歳の女性教頭で、会見で市教育委員会教職員課の竹内伸之課長らが陳謝しました。
市教委によりますと、教頭は去年5月から今年3月までの間、21回にわたって保護者から徴収した育友会の会費や教材費などから9万円あまりを横領しました。
教頭は、平成30年度頃から育友会費などの会計処理を1人で担当していて、幼稚園に必要な物を買う際に私的に飲食物などを購入し、領収書の明細部分を切り取って帳簿に添付していました。
教頭は、出張旅費を不正に受給したとして、今年7月に減給処分を受けていて、8月に育友会の役員が帳簿を確認したところ、領収書に明細がないことに気付き発覚しました。
教頭は、平成30年度にも私的流用していたことが、市教委の聞き取りで判っていますが、平成29年度と翌30年度の帳簿は、教頭がすでに破棄していたということです。
市教委はこの件について県警に相談していて、今後、刑事告発するかは、育友会と協議して決めることにしています。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る