ニュース

ICT建設機械体験会
  • 2020-11-18(水) 14:12
建設現場の担い手としても期待される和歌山工業高等専門学校の学生を対象とした、ICT・情報通信技術を使った建設機械の体験会が今日、和歌山市で行われました。
和歌山市川辺の建設機械レンタル会社、アクティオ和歌山営業所で行われたICT建設機械体験会には、御坊市の和歌山工業高等専門学校の4年生およそ40人が参加しました。この体験会は、現在高齢化している建設現場の生産性向上と、担い手の確保を図ろうと、国土交通省和歌山河川国道事務所が毎年開いていて、今回で4回目となります。体験会では、ドローンを使った測量や油圧ショベルを用いた模擬法面成形の実機体験、タイヤローラー締固め自動管理システムの実機体験などが行われ、3つの班に分かれた学生はそれぞれの機械を実際に体験しました。この内、油圧ショベルを用いた模擬法面成形の実機体験は、これまで熟練のオペーレーターがコントロールしていた機械に、図面を記憶させて自動で行うというもので、体験した学生は思わず「すごい」と口に出し、驚いた様子でした。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る