ニュース

新たに5人感染橋本でクラスターか
  • 2020-11-17(火) 17:17
県内で今日、新たに5人が新型コロナウイルスに感染していたことが判りました。
また県は、これまでの感染者の調査から、橋本市の飲食店でクラスター、集団感染が発生した可能性があるとしています。
県によりますと、新たに感染が判ったのは、和歌山市と岩出保健所管内、橋本保健所管内に住む10歳代から60歳代までの男女5人です。
このうち、橋本保健所管内の障害福祉サービス事業所の50歳代の男性職員は、すでに感染が判明している女性とともに、今月6日、橋本市内の飲食店「創菜こころ」を利用していました。
この飲食店をすでに感染が判明している別の3人のグループも同じ日に利用していたことが判り、県は、この飲食店でクラスター、集団感染が発生した可能性があり、さらなる感染拡大を防ぐためとして店名を公表しました。
県はこの飲食店を今月3日から15日の間に利用した人は、速やかに最寄りの保健所に連絡するよう呼びかけています。
県内の累計の感染者は、亡くなった4人を含めて338人となり、新たに2人が退院したため、現在入院している人は44人となっています。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る