ニュース

エビとカニの水族館 特別展
  • 2020-11-17(火) 13:16
11月4日の「いい推しの日」にちなんで、スタッフいちおしの生き物を展示する特別展が、すさみ町のエビとカニの水族館で開かれています。
すさみ町のエビとカニの水族館で開かれている特別展では、スタッフいちおしの生き物が5種200匹展示されています。
近年、「推し」という言葉が、自分のいちおしの芸能人などを指す言葉として若者を中心に使われていて、一般社団法人日本記念日協会では11月4日を「いい推しの日」として認定し、自分が一番好きで、推しているものについて語る日としています。
エビとカニの水族館では来館者などにSNSを通じて、飼育されている生き物の中で、一番好きなものを決めてもらう「人気モノ総選挙」を行っていて、スタッフもいちおしの生き物を推薦しようと、この特別展を開きました。
エビとカニの水族館は、甲殻類の展示が中心ですが、この特別展では、クワガタムシやヤモリの仲間など、甲殻類以外の生き物も展示されていて、今月30日まで開かれています。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る