ニュース

雪氷対策の安全祈願祭
  • 2020-11-16(月) 19:12
本格的な冬の到来を前に、NEXCO西日本関西支社和歌山高速道路事務所で、今日、除雪車両や作業員の安全を願う安全祈願祭が行われました。
阪和道の泉佐野ジャンクションから、南紀田辺インターチェンジ間などを管轄するNEXCO西日本和歌山高速道路事務所では、毎年12月から3月までを雪氷対策期間とし、凍結防止剤の散布など冬の高速道路の安全を確保する為の、対策作業を行っています。安全祈願祭は、除雪作業中の安全を祈願するもので関係者およそ30人が参加、日前宮の紀俊邦神官が祝詞を奏上し、除雪作業車のお祓いを行いました。続いて、和歌山高速道路事務所の高橋昭所長らが玉串を奉奠し、期間中の安全を祈願しました。
和歌山高速道路事務所では、出かける際は、気象情報の確認や、冬用タイヤの装着など、冬場の事故防止を呼びかけています。
(高橋の高は梯子高)

最新ニュース一覧

TOPへ戻る