ニュース

国宝粉河寺縁起など 特別展始まる
  • 2020-10-17(土) 18:34
和歌山市の県立博物館で、粉河寺の創建1250年を記念した特別展が今日から始まりました。今日から始まった特別展では、粉河寺の歴史や、宗教文化が地域へ広がった様子を知ってもらおうと、国宝の粉河寺縁起をはじめ、千手観音立像や風神・雷神像など、合わせて150点が展示されています。粉河寺縁起は、粉河観音が変身した姿で人々を救う2つの物語で、もともと粉河寺に伝わる物語を書いた文章のみのものと、平安時代、粉河寺に特別な信仰心を持っていた後白河法皇が描かせた国宝の絵巻、それに、江戸時代にこれらを融合させたものの3つがあります。このうち国宝の絵巻は、展示の期間を前半と後半に分けて紹介され、その他の展示と合わせて縁起そのものが粉河寺の歴史として守られてきた様子を伺うことができます。特別展「国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史」は前期が今日から来月1日まで、後期が来月3日から23日まで開催されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る