ニュース

SAKURUGが白浜町に進出
  • 2020-10-16(金) 18:26
スマートフォンのアプリや公共システムの開発などを手掛ける東京のIT企業が、白浜町に新たなオフィスを開設することになり、今日、進出協定が結ばれました。
白浜町に進出するのは、東京に本社を置くIT企業「株式会社SAKURUG」で、今日、県庁知事室で遠藤洋之代表取締役と仁坂知事、白浜町の井澗誠町長がそれぞれ進出協定書に署名しました。SAKURUGは、スマートフォンのアプリや公共システムの開発、ウェブサイトの制作などを手掛けていて、白浜町に新たに開設するオフィスに総務事務など本社機能の一部を移転させるほか、改ざんが不可能な新しいデータベースに関する研究も行います。県と白浜町の補助で民間企業が整備し、来月1日にオープンするITビジネスオフィス「ANCHOR」に入居する予定で、地域での雇用創出が期待されます。
遠藤社長は、「白浜の落ち着いた環境にビジネスとしての勝算を感じる」と話し、仁坂知事は、「アイデアを考える申し分のない雰囲気の中、業績を伸ばしてほしい」と今後への期待を示しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る