ニュース

警察協議会代表者会議
  • 2020-10-15(木) 19:04
地域住民の意見を警察業務の運営に反映させようと、県内の各警察署に設置されている警察署協議会の代表者会議が、今日、和歌山市で開かれました。
会議は今日、和歌山市のホテルで開かれ、県内14警察署の協議会の代表者をはじめ、県警の幹部職員ら、あわせて24人が出席しました。会議では県公安委員会の中野幸生委員長が「引き続き地域の実情に則した活動をお願いします」と挨拶しました。
警察署協議会は平成13年6月に全国で一斉に設置された機関で、県内では県公安委員会から委嘱された108人の委員が、年に3回程度開かれる会議で、各警察署の諮問に応じて地域の安全に関する意見を出します。続いて、県警の親家和仁本部長が「広く意見を聞かせて頂き、今後の業務運営の参考としたい」と述べました。
今日の会議では、万引きなどの犯罪抑止対策や高齢者の交通事故防止対策、優秀な人材確保について要望や意見が出されたということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る