ニュース

災害に備え応急復旧訓練
  • 2020-10-15(木) 18:51
大規模な災害の発生に備え、県内の高速道路も管轄するNEXCO西日本とそのグループ会社が今日、リモートでの参加を取り入れた合同の応急復旧訓練を行いました。
今日、大阪市で行われた訓練では、まず、高速道路の通信設備や建物のメンテナンスなどを行う西日本高速道路ファシリティーズ株式会社の瀬戸口亮大阪営業所長が訓練の大切さを伝えたのに続いて、西日本高速道路株式会社の永田順宏関西支社長が「高速道路の保全事業では、100パーセントの安心・安全を目指して取り組んでいる」などと挨拶しました。
訓練は、和歌山市を震源とした震度6強の地震が発生したと想定し、壊れた通信ケーブルを接続する訓練や二次災害を起こさないための足場を点検する訓練、建物の損傷を診断する訓練などが繰り広げられました。合同応急復旧訓練は毎年この時期に行われていますが、10回目の今回は、新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して営業所をライブ中継でつなぎリモート形式で連携を確認しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る