ニュース

ペットボトルロケットの発射体験
  • 2020-10-14(水) 18:10
民間のロケット発射場の建設が進む串本町田原地区の小学校で今日、子供たちがペットボトルロケットの発射体験を行いました。
串本町立田原小学校では今日、14人の全児童が体育館に集まり、あらかじめ思い思いに着色したペットボトルをロケットにするために、部品を取り付けていました。今回使われたペットボトルロケットキット20個は、ロケット発射場を建設するスペースワンの出資会社で、この発射場の建設工事を行っている大手ゼネコンの清水建設が小学校に寄贈しました。ロケットが出来上がると子供たちは運動場に移動して発射準備にとりかかり、ペットボトルに水と空気を入れていきます。準備が整うと、カウントダウンが始まり、「ゼロ」の掛け声とともにロケットが発射されました。
勢いよくロケットが飛んでいくと、子供たちから大きな歓声が上がり、更に遠くに飛ばそうと、子供たちはペットボトルに入れる水の量を加減しながら何度も飛ばしていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る