ニュース

コロナの差別や偏見の防止HP
  • 2020-10-12(月) 14:54
全国的にSNS上などで新型コロナウイルスの感染者に対する偏見や差別などが広がっているとして県教育委員会は、正しい情報を得ることでこうした差別や偏見をなくそうとホームページで感染症の関連サイトをまとめて公開しています。
県教育委員会は、ホームページ上で文部科学省や県、日本赤十字社の感染症関連のサイトを「差別や偏見の防止について」「正しい知識について」「心のケアについて」の3つのカテゴリーにまとめて公開しています。
公開されているサイトの動画の中で日本赤十字社は「ウイルスの次には恐怖がやってくる。不確かな情報を鵜呑みにしないこと。恐怖から距離をとる」などと、正しい情報に基づいて判断するよう呼びかけています。
県教育委員会では今後、新型コロナウイルス感染症のSNSへの誹謗中傷の書き込みを防止するためネットパトロールを実施し、学校名などの個人情報が特定できる場合は、該当する情報を学校に報告しそれぞれの学校での生徒指導に活かしていくとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る