ニュース

和歌山大学 寄付講座の表彰式
  • 2020-09-29(火) 17:28
県土地家屋調査士会が和歌山大学で実施している寄付講座で、優秀な成績を収めた学生に対する表彰式が今日行われました。
和歌山大学で行われた表彰式では、優秀な成績を収めた経済学部3年生の沼田大和さんと晒佳奈さんの2人に、県土地家屋調査士会の服部正会長から表彰状が贈られました。県土地家屋調査士会では、不動産と土地家屋調査士についての知識を深めてもらおうと、平成27年から和歌山大学経済学部の3、4年生を対象に「国家基盤づくりに関わる土地・家屋の調査」という科目で寄付講座を開いています。講義では県土地家屋調査士会のメンバーを講師に、今年は17人の学生が受講しましたが、新型コロナウィルスの影響で5月から8月までの14回にわたる講座はリモートでの講義となりました。表彰式では、経済学部長のマグレビ・ナビル教授が「新型コロナ禍の環境の中でよくがんばっていただいた」と2人を称えていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る