ニュース

県内での聖火リレーの日程決まる
  • 2020-09-28(月) 19:18
1年延期され、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーの実施概要が今日、発表され、県内での聖火リレーは、来年4月9日と10日の二日間の日程で行われることが決まりました。
オリンピック・パラリンピックの象徴、聖火は、来年3月25日に福島県を出発、7月23日に東京でゴールするまでの121日間、すべての都道府県を巡ります。
県内での聖火リレーは、来年4月9日と10日の二日間の日程で行われる予定で、聖火ランナーについては現在の内定者を優先させ、欠員が出た場合は東京2020組織委員会が再度選出するということです。コースについては、去年12月に東京2020組織委員会が発表したコースを軸に実施の可否を関係市町と協議し正式なコースを決定する予定です。
県の実行委員会では「一度は延期になったものの改めて日程も決まったので聖火ランナーには気持ちを新たに走ってもらいたい」としています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る