ニュース

田辺市に新武道館完成
  • 2020-09-28(月) 15:35
老朽化に伴い、建設が進められていた田辺市の新しい武道館が完成し、来月11日のオープンを前に、今日、報道機関などに公開されました。
田辺市扇ヶ浜の扇ヶ浜公園に建設された新しい武道館は鉄筋コンクリート造りの地上3階建てで、延床面積はおよそ3500平方メートルです。南海トラフ巨大地震による津波を想定し、1階は、吹き抜け空間の柱だけのピロティとなっていて、メインアリーナは2階、床の高さは想定される津波よりも高く柔剣道場が4面あるほか、シャワー室も完備されています。
また、2階には、田辺市出身で、合気道の開祖である植芝盛平の顕彰館も併設され、盛平の遺品が展示されるほか、スクリーンに映し出された映像通りに体を動かすことで合気道を体験できるコーナーなどもあります。3階はサブアリーナで、柔剣道場が一面あるほか、2階のメインアリーナを見下ろすことができる観覧席が設けられています。
田辺市教育委員会スポーツ振興課の中野哲二課長は「大会とスポーツ合宿の誘致に力を入れていきたい」と話していました。なお、武道館のオープンは来月11日です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る