ニュース

田辺市で土砂災害想定訓練
  • 2020-09-28(月) 15:33
ショベルカーなどの重機の操作技術の向上を目的とした土砂災害想定訓練が今日、田辺市で行われました。
田辺市鮎川の田辺消防署大塔分署で行われた訓練は、今年3月、消防庁から大規模災害発生時に被災地へ応援として派遣される「緊急消防援助隊」の設備としてショベルカーやその運搬車などが田辺市消防本部に配備されたことを受けそれらの重機の操作技術の向上を図るとともに救助活動の迅速化などを目的に行われました。田辺市消防本部から6人の消防隊員らが参加した訓練は土砂崩れにより住宅が倒壊し住民1人が行方不明となったという想定で進められ参加者はショベルカーを操作し、丸太や建材などの障害物を取り除きながら、行方不明者を捜索し、救助するまでの一連の手順を確認していきました。
田辺市消防本部の戎嶋健消防次長は「訓練により重機などの操作技術を向上させ迅速安全に住民の救助活動が行えるようにしていきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る