ニュース

写真展「海南ええ町夢の街」
  • 2020-09-25(金) 17:42
日頃は気づかない何気ない風景を知ってもらおうという写真展が海南市で開かれています。
海南市日方の複合施設海南nobinosで開かれている写真展「海南ええ町夢の街」は、海南市で写真教室を営む田津原博文さんが、新型コロナウイルスの感染拡大で外出を控える風潮が高まるなか、写真を通して地元・海南の知られざる風景を知ってもらおうと企画しました。
写真展には海南ノビノスの開館に向け田津原さんとアシスタントの坂本淳さんがこの2年間に撮影した写真20点が展示されています。
田津原さんの作品「交渉成立」は、去年8月に海南市黒江で開かれた下駄市で値段交渉をする様子を表現しています。
なお、会場の隣には児童用の図書スペースがあり多くの子供たちが利用するため、作品の額縁にはプラスチックを、カバーにはアクリル板を使用し軽量化を図るなど安全面に配慮されています。
写真展「海南ええ町夢の街」は今月29日まで海南ノビノス2階ギャラリースペースで開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る