ニュース

白浜町でトゥクトゥク試乗会
  • 2020-09-24(木) 17:25
東南アジアなどでタクシーとして利用されている三輪自動車「トゥクトゥク」を活用し地域の活性化につなげようと今日、白浜町でトゥクトゥクの試乗会が行われました。
白浜町の南紀白浜空港を運営する株式会社南紀白浜エアポートでは三輪自動車「トゥクトゥク」を町内の新たな移動手段として、また、新たな観光ツールとして活用することで地域の活性化につなげようと導入をめざしています。今日は、試乗会が開かれたもので、行政や交通、宿泊施設の関係者が全長およそ4メートル、乗車定員7人のトゥクトゥクに乗り込み町内の観光名所や移動の拠点となる宿泊施設を経由するおよそ10キロのコースを体験しました。
南紀白浜エアポートの岡田信一郎代表取締役社長は「現在規制上の問題でトゥクトゥクは有償での旅客運送ができないが、町内の移動手段の充実を図り、みんなが笑顔になれる環境づくりに取り組んでいきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る