ニュース

敬老の日 高校生作成「電報」贈る
  • 2020-09-21(月) 16:48
「敬老の日」の今日、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えようと、県立箕島高校の高校生が電報を送りました。今日、和歌山市松江北の新川明さん、恵美さんの自宅には、孫で1年生の辻本瑠菜さんからの電報が届きました。県立箕島高校情報経営科では、電報の文化や気持ちを伝えることの大切さを学ぼうと、今年7月の授業で佐川急便和歌山営業所の協力のもと1年生と3年生が「敬老の日」に届ける祖父母への電報を作成しました。辻本さんの電報には、日頃の感謝の気持ちのほか、祖母が作るきつねうどんや祖父が栽培しているモロヘイヤを楽しみにしていることなどが綴られていて、新川さん夫婦は嬉しそうに読み返していました。明さんは、「孫らしい文章で綴られていて、どんな物よりもうれしく思います」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る