ニュース

自民党総裁選 県連は菅氏に3票
  • 2020-09-14(月) 15:06
自民党の総裁選挙で党員・党友による予備選挙を実施した県連では、今日午前の開票の結果菅義偉官房長官が最も多く得票し、県連に割り当てられた3票はすべて菅官房長官に充てられます。
自民党県連では今日、午前10時過ぎから予備選挙の開票作業が行われました。
予備選挙は、県内の党員・党友1万6400人あまりを対象に行われ、開票の結果、菅義偉官房長官が9863票、石破茂元幹事長が1836票、岸田文雄政調会長が235票となりました。
県連では最も多くの票を獲得した候補に割り当てられた3票すべてを充てる「総取り方式」を採用するため、県連の3票は菅官房長官に充てられます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る