ニュース

コロナ対策に自動車を寄贈
  • 2020-09-14(月) 15:04
新型コロナウィルス感染症の対策に使ってもらおうと、今日、和歌山市に本社を置く10事業者が和歌山市に自動車を贈りました。
和歌山市役所で行われた寄贈式では、寄贈した10社を代表して和歌山トヨタ自動車株式会社の小川至弘代表取締役が、和歌山市の尾花正啓市長に自動車の目録を手渡しました。
和歌山トヨタをはじめ、宝樹、第一電気設備工業など和歌山市に本社を置く10社の経営者は友人関係で、和歌山市の役に立てたいという考えから自動車を贈ることにしました。
贈られた自動車は、トヨタのワンボックスカー「ノア」で利便性の高さから選択したということです。
尾花市長は「新型コロナウィルス陽性者の疫学調査や陽性者の搬送など和歌山市保健所で使い機動性を高めたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る