ニュース

駅ホーム 照明器具垂れ下がる
  • 2020-09-13(日) 18:26
昨日夜、JRきのくに線串本駅のホームで、照明器具が屋根から垂れ下がった状態になっているのを列車の運転士が発見しました。けが人や列車への影響はありませんでした。JR西日本和歌山支社によりますと、昨日午後8時30分頃、串本駅のホームで屋根から照明器具が外れ、コードのみで垂れ下がった状態になっているのをホームに到着した列車の運転士が見つけました。連絡を受けた駅係員が確認すると、屋根と照明器具を固定するステンレスのバンドが腐食していて、地上からおよそ1・6メートルの高さで垂れ下がっていたということです。照明器具は重さおよそ4・7キログラムのステンレス製で、駅係員が確認後、駅利用者らが近づかないよう措置を取り、間もなく照明器具は撤去されました。また、その日のうちにホームの別の照明器具の状態を確認した結果、異常は見当たらなかったということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る