ニュース

総文 生徒企画委員会
  • 2020-09-13(日) 17:28
来年夏に和歌山県で開催される第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」に向けた高校生による生徒企画委員会が今日、和歌山市で開かれました。全国高等学校総合文化祭は芸術文化活動に取り組む高校生が日頃の成果を披露する高校生最大の祭典で、来年の開催地となる和歌山県では、国内外からおよそ2万人の高校生が和歌山に集い、7月31日から8月6日にかけて22部門の発表や展示、競技などが行われます。生徒企画委員会は去年6月に発足、今月6日に新しく46人が委員に加わり、あわせて82人による新体制となりました。和歌山市の県民文化会館会議室では、新体制となって初めての委員会が開かれ、5つの部門のうち、総合開会式部会を除く4つの部会で会議が行われました。自己紹介をはじめ、ゲームやこれまでの取り組みの報告などを通して委員同士の交流を深めたあと、本番に向けて各部それぞれの課題について話し合いました。来月11日には和歌山市のイオンモール和歌山で300日前PRイベントが、来月25日には県民文化会館でプレ総合開会式が行われる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る