ニュース

御坊市の保育園で大腸菌感染症
  • 2020-09-11(金) 18:18
御坊市の保育園で、今月1日から10日かけて園児や職員らあわせて7人が腸管出血性大腸菌感染症に感染していたことが判りました。
集団感染が判ったのは御坊市熊野の「たんぽぽ乳幼児保育園」で、県健康推進課によりますと、今月1日から8日にかけて園児1人と20歳代の職員が腸管出血性大腸菌に感染していると御坊保健所に届出がありました。
その後、園児5人の便からベロ毒素が検出され、合わせて7人が腸管出血性大腸菌感染症に感染していることが判りました。
このうち園児3人に下痢の症状があり、4人は無症状だということです。
保育園は来週14日から17日まで閉鎖され、県は園の消毒と手洗いの励行、また、園児家族への二次感染の予防指導を行います。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る