ニュース

立憲民主 藤井氏和歌山2区に出馬
  • 2020-09-11(金) 17:50
立憲民主党県連は今日、次期衆議院議員選挙での和歌山2区の公認候補として元和歌山弁護士会会長藤井幹雄氏を擁立することになりました。
今日、立憲民主党県連の谷口和樹代表らが和歌山市九番丁にある県連の事務所で藤井氏とともに記者会見に臨みました。
藤井氏はかつらぎ町出身の59歳。東京大学法学部卒業で平成7年に和歌山弁護士会に所属し平成28年度には会長を務めました。
去年夏の参議院議員選挙で和歌山選挙区から無所属で出馬し落選しています。
会見で藤井氏は、「未来の子供たちのために少しでもいい日本をバトンタッチしたい。
地域に住んでいる方々の生活者としての思いを共有し、国政に届けていきたい」などと決意を表明しました。
また谷口代表は「合流新党になって我々県連にとっても初めての国政への挑戦、立憲民主党が何をしようとしているのか県民に伝える意味でも次の衆議院議員選挙は重要なポイント」と述べました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る