ニュース

コロナ予防を若い世代に呼びかけ
  • 2020-07-28(火) 14:42
新型コロナウイルスの県内の感染者のうち、若い世代が複数で飲食や宿泊をして感染が広がったと推測されるケースがみられるとして、仁坂知事は、特に若い世代に対し、マンションなどの部屋で友人らと飲食したり宿泊したりするのを控えるよう呼びかけました。
これは今日の定例会見で仁坂知事が述べたものです。
新型コロナウイルスの県内での最近の感染者は10歳代や20歳代が目立っています。
このため仁坂知事は、複数の友人らが集まるマンションなどの部屋で感染が広がったと推測されるケースもみられるとして「ここ一週間、若い人たち、友人や知人で会食、そのあと友人宅に宿泊することなどをしばらく控えてほしい」と述べました。
一方、仁坂知事は、観光振興策として県民を対象に宿泊費などの一部を補助する「わかやまリフレッシュプラン」について、今月23日からの4連休中におよそ3000人が利用し、およそ6000万円が使われたとする速報値を明らかにしました。
このプランでは、電子チケット1枚5000円を半額の2500円で販売していて、補助額ベースでは4連休中はおよそ3000万円、今月8日のスタートからはおよそ8500万円となっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る