ニュース

西川遥輝選手のパネル展示
  • 2020-07-28(火) 14:41
和歌山市の「わかやまスポーツ伝承館」で、紀の川市出身のプロ野球選手西川遥輝選手のパネル展示会が開かれています。
わかやまスポーツ伝承館で開かれている北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手のパネル展示では平成30年に史上75人目の200盗塁を達成した時のパネルなど4枚のパネルが展示されています。
西川選手は、智辯和歌山高校から平成22年のドラフト2位で北海道日本ハムファイターズに入団しました。
その後、平成30年に史上75人目の200盗塁を達成したほか、先月には通算1000本安打を、今月9日には通算1000試合出場を、さらに今月14日には通算250盗塁を達成しました。
展示会には、それぞれの記録が達成された時に、西川選手がグラウンドで掲げファンにアピールしたパネルが西川選手のサイン入りで展示されています。
また常設展示でも、最多盗塁賞のトロフィーやペナント、それに、3年連続で受賞したゴールデングラブ賞の金色のグラブなども展示されています。
この展示会は和歌山市本町のフォルテワジマ3階「わかやまスポーツ伝承館」で来月31日まで開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る