ニュース

IT企業が白浜町に進出
  • 2020-07-27(月) 15:14
東京に本社を置くIT企業が白浜町にサテライトオフィスを開設することになり、今日、県庁で進出協定の調印式が行われました。
県と白浜町との間で進出協定を結んだのは、東京に本社を置き、建設企業の工事や予算の管理を効率化する業務システムの開発や販売などを手掛けるIT企業、株式会社OfficeConciergeです。県庁知事室では今日、OfficeConciergeの小松延顕代表取締役と下宏副知事、白浜町の井澗誠町長がそれぞれ協定書に署名しました。
OfficeConciergeは、今年11月、白浜町にオープンする新たなITビジネスオフィスに入居し、インターネットなどを通じた営業や商談、システム改修といった業務を行います。地元から9人を雇用し、業務開始は今年9月の予定で、ビジネスオフィスが出来るまでは白浜町内のIT企業の一室を借りて業務を行うとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る