ニュース

パンダが妨害運転罪の広報活動
  • 2020-06-30(火) 18:10
あおり運転の厳罰化を図るため今日から施行される「妨害運転罪」の広報活動が、今日、白浜町のアドベンチャーワールドで行われました。
アドベンチャーワールドでは県警から交通安全和歌山夢大使を委嘱されているジャイアントパンダの彩浜に氷に竹で「思いやり」と描かれたプレゼントが送られた後、県警の出納延計交通企画課長からアドベンチャーワールドの今津孝二園長にあおり運転抑止のポスターが手渡されました。
今日から施行される「妨害運転罪」はあおり運転の厳罰化を図るため創設され、車間距離不保持や急ブレーキ、割り込みなどの妨害運転や、高速道路で妨害運転をして他の車を停止させるなど、著しい交通の危険を生じさせた場合には、5年以下の懲役または100万円以下の罰金に加え、運転免許が取り消されることになっています。
県警察の出納交通企画課長は「人に迷惑をかけず、危険な運転をすることなく、思いやりを持った運転を心がけていただきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る