ニュース

ノーレジ袋キャンペーン
  • 2020-06-29(月) 14:37
スーパーなどで買い物客に無料で配られているプラスチック製レジ袋の有料化が明後日から始まるのを前に、和歌山市内のスーパーで今日、レジ袋の削減やエコバッグの使用などを呼びかけるキャンペーンが行われました。
和歌山市中島のオークワ本社中島店では今日、「ノーレジ袋キャンペーン」として、県のPRキャラクター「きいちゃん」らが買い物客らにエコバッグを無料配布しました。この活動は、レジ袋削減に賛同する事業者や市民団体、行政でつくる「わかやまノーレジ袋推進協議会」が、毎年6月の環境月間に合わせて行っているもので、今回は、今日と明日、県内25店舗のスーパーで合わせて4300枚のエコバッグを無料で配布します。エコバッグは、新型コロナウイルスに配慮してワゴンに置かれ、きいちゃんは、「環境のためにお買い物の時はエコバッグを使ってほしいワン」と買い物客らに呼びかけていました。
オークワでは明後日からレジ袋を有料化し、大きさに応じて価格を3円、5円、10円に設定して積極的にレジ袋の使用削減に取り組んでいくということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る