ニュース

ワーケーションサービス事業者紹介
  • 2020-06-28(日) 16:30
県内でワーケーションに取り組む人や企業を増やそうと、県は、ワーケーションに関するサービスを提供する事業者などをまとめて閲覧できるウェブページを作成し、このほど公開を始めました。
公開が始まったのは、既存の県のワーケーションに関するホームページから見ることができるWakayamaWorkationNetworksです。
ページは、ワーケーションで県内を訪れる人や企業向けにサービスを提供する事業者や団体を紹介するもので、「ワークプレイス」、「宿泊サービス」、「アクティビティ」、「コーディネート」の4つのカテゴリー別に見ることができます。
このうち、「アクティビティ」では、農業やサイクリングなど様々な体験サービスを紹介しているほか、「コーディネート」では、ワーケーションの具体的なプランの作成支援を行う団体などを紹介しています。
県によりますと、県内でワーケーションを行う人や企業は増加傾向にあり、昨年度はフリーランスを含めて343人が訪れています。
新型コロナウイルスの感染防止のため、全国的にテレワークが推奨され、それを可能とする企業が増えていることから、県では、和歌山でのワーケーションも選択してもらえるよう、さらにコンテンツを充実させたいとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る