ニュース

加太海水浴場で清掃活動
  • 2020-06-27(土) 20:34
来月1日の「海開き」を前に、利用者のマナー向上につなげようと、今日、和歌山市の加太海水浴場で、地元の人たちが清掃活動を行いました。
砂浜の清掃活動は連合自治会や漁協、それに観光協会で構成される加太地域活性化協議会が企画したものです。今日は、およそ50人が参加し、ゴミ袋とトングを手に漁で使用する網や、釣り具など砂浜に漂着したゴミをおよそ1時間かけて拾い集めました。また、今日の清掃活動には、県の森林保全事業「企業の森」に参画しているほか、毎年、和歌山市加太の森林公園に紫陽花の苗木を提供するなど県内で環境保全活動に取り組むJT日本たばこ産業株式会社和歌山支店の社員7人も参加しました。
大野大輔支店長は、「支店近辺の毎朝の清掃など、私たち一人一人が出来ることを続けて環境保全につなげていきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る