ニュース

犬・猫の飼い方講習会
  • 2020-06-26(金) 18:39
飼育放棄や飼い主がわからない等でやむなく殺処分される犬や猫をなくそうと県動物愛護センターが取り組みを進めている譲渡会に向けた飼い方の講習会が今日、御坊市で開かれました。
今日、御坊市の御坊保健所で開催された「犬・猫の飼い方講習会」には、犬や猫を飼いたいと考えている2人が参加しました。
県動物愛護センターでは、収容した犬や猫の譲渡を受けたいと考えている人には「犬・猫飼い方講習会」を受講するよう義務付けています。今日は、その譲渡に向けた講習会が開かれたもので、県動物愛護センターの湯橋翔副主査がセンターに収容される犬や猫の現状をはじめ適正に飼育する上で必要な知識などを伝えました。
センターによりますと去年1年間で、和歌山市を除く県内の保健所などからセンターに収容された犬は201匹でそのうち殺処分されたのは、102匹、収容された猫は1220匹で542匹が殺処分されたということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る