ニュース

田辺駅前商店街 景観整備工事終了
  • 2020-06-24(水) 15:49
田辺市のJR紀伊田辺駅近くの「田辺駅前商店街」の景観整備工事がこのほど終了し、新型コロナウイルスの影響で経済が冷え込む中、活性化への期待が持たれています。
「田辺駅前商店街」はJR紀伊田辺駅から扇ヶ浜に通じる通りに面して店舗が並んでいて、昭和46年にアーケードが設置され賑わいました。
しかし、老朽化したため田辺市が国の支援を受け平成29年からおよそ5億円かけて景観整備工事を進めてきました。
道路を挟んだ両側におよそ60の店舗が軒を並べる商店街には日よけのシェードが設置され、店に引き込む電線はシェードの屋根を通して電柱が取り外され、また歩道も整備されてスッキリした景観になりました。
田辺市では、平成29年に国土交通省がすすめる「景観まちづくり刷新支援事業」の指定を受け、これまでにJR紀伊田辺駅舎の建て替えをはじめ、世界遺産「鬪鶏神社」そばに観光案内施設「街なかポケットパーク」を建設しました。
現在は、駅前商店街の一角に市街地活性化施設「en+」が8月のオープンを目指し工事がすすめられるなど事業は大詰めを迎えています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る