ニュース

企業の75%以上にコロナの影響
  • 2020-05-23(土) 14:05
民間調査会社のアンケート調査によりますと、新型コロナウイルスの影響が出ているとした企業が、回答した企業の75%以上に及んでいる事がわかりました。
民間調査会社の東京商工リサーチ和歌山支店は、前月23日から今月12日までの間に新型コロナウイルスの影響をインターネットでアンケート調査して、県内企業129社から回答を得ました。
それによりますと、「現時点で影響がでている」とした企業は75.19%にあたる97社、「今後影響が出る可能性がある」とした企業が21.71%にあたる28社、「影響はない」が3.1%の4社で、「影響がでている」と「影響がでる可能性がある」をあわせると全体の96.9%に及んでいます。
「すでに影響が出ている」と回答した企業に、「どのような影響が出ているか」を質問した結果、「売上の減少」が70社、「商談の延期・中止」が52社、「出張の延期・中止」が52社、「マスクや消毒液の不足」が36社、「営業日数の減少」が33社となっています。
さらに、政府の金融支援策の利用状況については、「利用した」が9.76%の12社、「今後利用する可能性がある」が46.34%の57社、「利用予定はない」が43.9%の54社となっています。
東京商工リサーチは「国内での感染拡大から3カ月が経過していて、中小零細企業の疲弊は深刻さを増している」「支援金や給付金などの支援が各企業に迅速に届くことが急務と考えられる」としています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る