ニュース

県が一部の休業要請を解除
  • 2020-05-22(金) 18:33
県は、新型コロナウイルスに関する休業要請の対象のうち、カラオケボックスやスポーツクラブなどを新たに解除することを決めました。感染の拡大を防止するためのガイドラインの遵守が前提で、明日午前0時に解除されます。
これは今日、仁坂知事が会見して明らかにしました。
県は、県内の施設などの休業要請について、昨日、関西の大阪、兵庫、京都の3府県の緊急事態宣言が解除され、隣接する大阪府がさらなる休業要請の緩和を決めたことや県内の状況を踏まえ、今月16日に続いてさらに一部を解除することを決めました。
休業要請を解除するのは、カラオケボックスやスポーツクラブ、床面積の合計が1000平方メートルを超えるパチンコ店やゲームセンターなどで、感染の拡大を防止するためのガイドラインの遵守を前提として、明日午前0時に解除されます。
一方、キャバレーやスナック、バー、ライブハウスなどに対しては今月中、休業要請を維持するとしています。
また、県は、引き続き夜の繁華街など感染リスクの高い場所への外出や行楽などでの県境をまたいだ移動を自粛するよう呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る