ニュース

海南市が市民にマスクを斡旋販売
  • 2020-05-22(金) 18:22
海南市は、市民にマスクを確保してもらおうと今日から50枚1000円で不織布マスクの斡旋販売を始めました。
今日は、海南市大野中の市総合体育館の駐車場でドライブスルー方式で斡旋販売が行われ多くの車が列を作っていました。一部の店舗ではマスクが並ぶようになりましたが、市民からは、まだまだ高額で確保が困難という声が多く寄せられているとして海南市は、地元の家庭用品販売業者の協力で市内の全世帯分、2万2000箱のマスクを調達しました。
購入するには海南市が事前に全世帯に配布した「マスク購入券」が必要で、購入券1枚で50枚入りのマスク1箱が1000円で販売されます。代金は全額、新型コロナウィルス感染症対策に活用されるということです。
海南市の不織布マスクの斡旋販売は今月31日まで市内16カ所で行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る