ニュース

一律給付を悪用した詐欺に注意
  • 2020-05-21(木) 19:47
全国で相次いで確認されている政府の10万円の一律給付を悪用した詐欺と見られる電話が県内でも確認され、県警は注意を呼びかけています。
県警生活安全企画課によりますと、「給付金が支給されるが、キャッシュカードの暗証番号が必要。カードを封筒に入れて渡して」など10万円の一律給付を悪用した詐欺と見られる電話が全国で確認されています。
県内では、今月9日、和歌山市内で一人暮らしの60歳代の女性の自宅に「国から10万円が給付される件で電話をした。給付金の振込み先の口座番号を聞きたい」という電話がありました。女性は、その場で口座番号を伝えましたが、不審に思い、別居する家族に伝え被害はなかったということです。
警察では詐欺と見て調べるとともに「現金給付が始まり、詐欺と見られる電話が増えたり被害につながったりする可能性があるため不審な電話やメールに十分注意してほしい」と呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る