ニュース

未成年者誘拐の罪で1年6ヵ月求刑
  • 2020-05-21(木) 19:35
去年、SNSアプリの「LINE」を通じて知り合った岩出市の男子中学生を車で連れ回したとして、未成年者誘拐の罪に問われた島根県の職員の男に対する論告求刑公判が今日、和歌山地方裁判所で開かれ、検察側は懲役1年6カ月を求刑しました。
未成年者誘拐の罪に問われているのは、島根県職員の家迫優人被告26歳です。
起訴状などによりますと、家迫被告は去年8月と12月の2度にわたり、SNSアプリの「LINE」を通じて知り合った岩出市の男子中学生を撮影に応じれば報酬を渡すなどと岩出駅近くに誘い出し、車で和歌山市内の公園や温泉に連れ回した未成年者誘拐の罪に問われています。
今日の論告求刑公判で検察側は「足の裏などをくすぐる様子を動画で撮影された被害者の精神的な影響の大きさは計り知れず長時間にわたって連れ回したのは悪質」として懲役1年6カ月を求刑しました。判決は、来月9日に言い渡されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る