ニュース

夏の高校野球 中止決定
  • 2020-05-20(水) 20:07
新型コロナウイルス感染の影響が広がる中、日本高校野球連盟は、今日、8月10日から予定されていた今年夏の全国高校野球選手権大会と出場権をかけた地方大会の中止を決めました。
今日、日本高校野球連盟が運営委員会と理事会を開き、決めたもので、夏の甲子園大会の中止を決断した理由について日本高野連は「開催期間が2週間以上に及ぶことや、代表校が長時間かけて移動すること、集団で宿泊して地元に戻ることなどを考慮すると、感染と拡散のリスクは避けられない」などとしています。夏の全国大会が中止となるのは、戦後では初めてです。
全国大会、地方大会の中止を受け、県高校野球連盟の愛須貴志会長は「県教育委員会とも相談しながら県独自の大会を前向きに検討したい」と述べました。
また、出場を予定していた今年春の選抜高校野球大会では直前に中止が決まり、この夏の甲子園出場を目指して部員らが自主練習を続ける智辯学園和歌山高校の中谷仁監督は「世の中がこういう状況なので、ある程度覚悟しないといけないところもあったが、本当に辛い。子供たちになんて声をかけていいか言葉が見つからない。今後は、県高野連が考えてくれる案があると思うので、それを受けてどういう行動をとっていくか、考えていきたい」とコメントしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る