ニュース

「緑の募金」で植樹活動
  • 2020-03-22(日) 14:48
県民から集められた「緑の募金」を利用して、和歌山市の環境団体が今日、植樹など緑化活動をしました。
今日午前、和歌山市鳴神の山中で行われた緑化活動は、県民の善意により集められた「緑の募金」を使い青少年の育成や豊かな緑を次世代に繋げることを目的に、和歌山市の環境団体「花山うららくらぶ」が平成19年度から毎年、この時期に行っています。
今日は、子どもから大人までおよそ20人が参加し、植樹の方法の説明を受けた後、ヤマアジサイやドウダンツツジ、バイカウツギなど50本の苗木を山の斜面など7ヵ所に植えました。
保育園児や小学生も苗木を植えて、自分が植えた苗木のそばに植えた人の名前と日付を書いた杭をたてました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る